«

9月 06

代々幡斎場で家族葬を行った場合の香典返しと挨拶状について


代々幡 斎場は 東京都渋谷区西原にある民営斎場で火葬場が併設されている便利な斎場です。
亡くなった方のご家族のみで行うお葬式のスタイルである、家族葬。
個人の意志や、様々な事情により、最近ではその数が大変多くなっています。
通常のお葬式の様にお友達や仕事関係の方はお見えにならないので、マナーに関しても相応のアレンジが必要となります。
家族葬を行った場合の香典返しと挨拶状について、知っておきましょう。

まず香典返しですが、お通夜や告別式で返礼品をお渡しするタイミングが無い為、四十九日の法要が終わった後に、ご香典をいただいた方に、香典返しの品をお送りします。
これは、いただいた香典のお陰で四十九日間お線香を絶やさず供養をする事ができました、という感謝の意を示す事になります。
香典の半分から三分の一程度の金額で、タオルやお茶、コーヒーなど、どこのお宅でも使う物を贈りましょう。

次に、挨拶状についてです。
お通夜、告別式には来ていただかない家族葬の場合でも、お亡くなりになった事をお伝えする挨拶状は出します。
友人、知人、仕事の関係者、他にも年賀状のやり取りのある方などにお送りしましょう。
故人が亡くなった旨と、葬儀は近親者のみで済ませた旨を、簡潔に書きます。

家族葬について知っておきたいマナーの中でも、特に重要なポイントとなるのは以上の様な事です。
もしもの時の為に是非、覚えておきましょう。